読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

drbdデバイスの不整合への対応

オンラインデバイス照合という機能を使用します。
オンラインデバイス照合の使用 - DRBDユーザーズガイド
両方のサーバで、/etc/drbd.confに、照合用の設定を追加します。

resource cluster_metadata
  syncer { 
    verify-alg sha1;
  }
  ...
}

アルゴリズムは、sha1/md5/crc32cから選択します。とりあえずsha1で。設定を読み込み直します。cluster_metadataはリソース名です。

drbdadm adjust cluster_metadata

照合を開始します。

drbdadm verify cluster_metadata

照合中は、/proc/drbdで接続状態が、"VerifyS"になります。

 0: cs:VerifyS st:Primary/Secondary ds:UpToDate/UpToDate C r---
    ns:59 nr:101 dw:160 dr:393777 al:4 bm:4 lo:0 pe:2560 ua:0 ap:0 ep:1 wo:d oos:0

容量によっては時間がかかります。不整合があれば、ディスク状態が"Insconsistent"になると思います。その場合には以下のコマンドで再同期します。

drbdadm disconnect cluster_metadata
drbdadm connect cluster_metadata

ユーザーズガイドでは、定期的にcronで照合することがおすすめされてます。