読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[本]データベースリファクタリング

データベース・リファクタリング

データベース・リファクタリング

  • 作者: スコット W アンブラー,ピラモド・サダラージ,梅澤真史,越智典子,小黒直樹
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 194回
  • この商品を含むブログ (44件) を見る

そもそも、データベースの構更は、例えば、サロゲートキーとナチュラルキーの選択や、制約やロジックをアプリケーションで持つかDBで持つのか、の様に、状況に応じて選択すべきで単純にどちらがよいと言い切れないケースが多く、単純に変更内容のみで評価することは難しいと思います。
そのため、本書でも、トレードオフについて必ず説明がされているのですが、レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)などのコーディングにおけるリファクタリングほど面白くありません。また「外部キー制約の追加」と「外部キー制約の削除」のように対になった項目が多いのも冗長な感じがしますし、通して読むタイプの本ではないように思えます。
個別の項目の内容を見ると、

  • スキーマ変更手順
  • データ移行手順
  • アプリケーション変更手順

が実際のコードで例示されており、自分があるデータ変更を行う際になってどのような点を考慮すべきか確認したい、というケースでは役に立ちそうです。
項目自体は、ある程度、DB設計の経験がある人間であれば、ひと通り経験したであろう項目のように思います。