読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC2 API Toolsのインストール

EC2をコマンドラインで管理するためのEC2 API Toolsのインストール手順のメモです。

事前準備

AWSのサイトでX.509 証明書を取得しておきます。

    • cert-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.pem
    • pk-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.pem

Windows

Javaについてはあらかじめインストールしておきます。Amazon EC2 API Toolsを以下のURLからダウンロードして展開します。
Amazon EC2 API Tools : Developer Tools : Amazon Web Services
展開したフォルダ(ec2-api-tools-X.X.X.X)を適当な場所(C:\ec2-api-tools-X.X.X.X など)にコピーします。
以下の環境変数を設定します。環境変数に設定している値は、各コマンドの引数として与えることもできます。

変数名
EC2_HOME C:\ec2-api-tools-X.X.X.X
PATH EC2_HOME\binを追加
EC2_CERT 取得したcert-XXXX.pemのパス
EC2_PRIVATE_KEY 取得したpk-XXXX.pemのパス

以下のコマンドを実行して動作を確認します。リージョン一覧が表示されます。

C:\Users\xxx> ec2-describe-regions
REGION eu-west-1 ec2.eu-west-1.amazonaws.com
REGION us-east-1 ec2.us-east-1.amazonaws.com
REGION ap-northeast-1 ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
REGION us-west-1 ec2.us-west-1.amazonaws.com
REGION ap-southeast-1 ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com

使用するリージョンのエンドポイントURLを環境変数に設定します。

変数名
EC2_URL https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com

以下のコマンドを実行してインスタンスの一覧が表示されることを確認します。

C:\Users\xxx> ec2-describe-instances

Linux(Ubuntu)

Ubuntuでもインストールしてみました。aptコマンドでインストールできますが、バージョンが1.3なので少し古いです。JDKもインストールされます。

sudo apt-get install ec2-api-tools

環境変数を設定します。.bashrcに以下の記述を追加します。

# ec2
export EC2_PRIVATE_KEY=$HOME/aws/pk-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.pem
export EC2_CERT=$HOME/aws/cert-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.pem
export EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-openjdk/

以下のコマンドを実行してインスタンスの一覧が表示されることを確認します。

$ ec2-describe-instances