読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Excelの帳票の悩ましいところ

JasperReportを使ったときも同様だったのですが、Excelの帳票を出力すると、どうしても行の高さの調整に悩まされます。
セルに入れる文字数が多い場合やセル内に改行があったり、行の高さに比べて内容が多くなると文字の一部が隠れてしまいます。もともとExcelの使用目的を考えれば、見た目と印刷結果がずれてしまうのは仕方がないのですが。

ただ、今回はFisshplateで生成したExcelをJODConverterでPDFに変換するのを試しているので、PDF変換後も文字が隠れてしまうのは困ります。ファイルを一度Excelで開いて行の高さを自動調整(ツールバーの"書式"->"行"->自動調整、もしくは行の境界をダブルクリックする)すると問題ないので、行の高さの設定の問題ではと考えています。しかし、POIで少しいじってみたのですが、どこを設定すればよいのかわかりません。これはもう少し調査したいと思います。

また、自動調整は結合されたセルに対しては正常に動作しないようです。ということは、あまり複雑なレイアウトだと、いくら行の高さを調整してもダメかもしれません。