読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

容量を事前割当しない仮想ディスクへの変換

VMware ESXiを使っていますが、ESXiで仮想ディスクを作成すると指定した容量が事前割当されます(指定した容量の.vmdkファイルが作成されます)。VMware ServerやWorkstationから、事前割当しない仮想ディスクを含むVMをVMwareConverterでESXiにコンバートした場合にも、事前割当されるようです。
これを事前割当しない仮想ディスクに変更するためには、vmkfstoolsコマンドでvmdkファイルをエクスポートします。

vmkfstools -i /vmfs/volumes/datastore/original.vmdk -d thin /vmfs/volumes/datastore/new.vmdk

その後、vmxファイルをviで開いてvmdkファイルを指定している部分をエクスポートしたvmdkファイルに変更します。

この作業は、VMware ESXiの動作するサーバのコンソールから、SSH接続、もしくはRemote CLIをインストールした別端末から行います。コンソールの使い方やSSHについては以前のエントリを参照してください。