読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#からJAX-WSのWebサービスにアクセスしてみる

C#からJAX-WSのWebサービスへのアクセスを試してみます。

Windows系の開発はずいぶんご無沙汰なのですっかり忘れているのですが。。まず開発ツールのインストールから。以下のサイトから無償版のVisual C#用をインストールしました。いつの間にかExpressエディションができているんですね。C#自体勉強してみたくなってきました。
Microsoft Visual Studio Express

Visual Studio C#を起動してプロジェクトを作成。Windowsフォームアプリケーションにしました。

プロジェクトをメニューからサービス参照の追加を選択します。

アドレスにWebサービスのWSDLのURLを入力し移動をクリックします。正常にWSDLが取得できれば、サービスが一覧に表示されます。名前空間を入力してOKするとアクセスするためのコードが自動生成されます。

クライアントは、こんな感じでテキストフィールドとボタンを付けて、送信をクリックするとWebサービスを呼び出し、レスポンスをメッセージボックスで表示するようにしてみました。

実際のコードです。HelloServiceReference名前空間のコードは自動生成です。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using System.Diagnostics;

namespace HelloServiceClientApplication
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            HelloServiceReference.HelloClient service = new HelloServiceReference.HelloClient();
            try
            {
                String result = service.sayHello3(textBox1.Text);
                MessageBox.Show(result);
            }
            catch (System.ServiceModel.FaultException<HelloServiceReference.HelloException> ex)
            {
                MessageBox.Show("Fault:" + ex.Detail.code, ex.Detail.message);
                Debug.WriteLine(ex.Detail.ToString());
            }
        }
    }
}

例外が発生した場合には、FaultExceptionがスローされます。WSDLで定義している例外を処理したい場合には、型パラメータを付加するとキャッチできるようです(上記のコードではHelloException以外が未処理ですが)。

C#は不慣れなのでVisualStudioのアシストのみで書いたコードなので間違いあるかもしれませんが問題なくJAX-WSのサービスにアクセスできました。特に意識することなく相互運用可能なWebサービスが構築できるんですね。