読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeraStationのレプリケーション

会社でBuffaloのTeraStationを使っています。

TeraStationには、2台のTeraStation間でのデータのレプリケーションの機能があります。ただ、レプリケーションを設定可能な共有フォルダ数に制限(2つまで)があり使い勝手がよくなかったのですが、ファームウェアをアップデートすることで64(!)になることがわかりました。
TS-XL/R5シリーズ ファームウェア
リリースノートを見てみると(気になったところのみ抽出)、

●Ver.1.01 [2009.04.06]
[システム]
(省略)
・TS-XL/R5シリーズのLANポート2同士を接続した場合に、正常に通信できない場合が
 あった問題を修正しました。

[バックアップ]
・LANポート2で参加しているネットワークから、バックアップ先として
 設定ができなかった問題を修正しました。

[レプリケーション]
・設定可能なタスク数を2個から64個に変更しました。
(省略)

[UPS]
・UPS専用ポートにUPSを接続した場合に、UPS連動機能が
 使用できなかった問題を修正しました。

これは問題ありすぎでしょう。それに最近買ったのに最新のファームウェアになってないし。Ext.JSを使ったWebの管理ページの動作もちょっとおかしいところがあったりでちょっと残念なところが多いです。